暗号資産ウォレット『MetaMask』アプリにNFT機能実装へ

暗号資産ウォレット『MetaMask』アプリにNFT機能実装へ

エクステンション、アプリにもNFT機能導入へ

大手暗号資産ウォレット『MetaMask』は21日、ブラウザーエクステンションとモバイルアプリにもNFTの表示機能を導入することを発表しました。

MetaMaskは、月間アクティブユーザー数は1,000万人を超えるウォレットアプリで、イーサリアムメインネットやArbitrum、Optimistic Ethereum、BSC、ポリゴン(MATIC)、アバランチ(AVAX)などさまざまなネットワークにも対応しています。

今回の導入は、以前からユーザーからリクエストされていた「アプリ内で自身が持つNFTを閲覧する機能」に応えたかたちになります。

大手NFTマーケットプレイス『OpenSea』などの主要NFTマーケットプレイスにアクセスするためには、MetaMaskといったウォレットアプリが必須ですので、今回のような機能の導入は、ユーザーから好印象となるでしょう。

また、MetaMaskは、NFT機能がブラウザーエクステンションとモバイルアプリに導入される具体的な日程は示しておらず、「まもなく」だと説明しています。

MetaMask


NFTとは

NFT(Non Fungible Token)を直訳すると、『代替不可能なトークン』です。
トークンとは、暗号資産やNFTなどのブロックチェーンによって生み出されたデジタルデータのことを指します。

NFTは、ブロックチェーンの技術を用いることによって、従来コピーや改ざんが容易だったデジタルデータに鑑定書や所有証明書付け、唯一性を持たせることが可能となりました

NFT市場は、2021年に入ってから世界的に急速な盛り上がりをみせ、デジタルコンテンツにおける新たな売買市場として注目を集めています。

関連▶️【話題の『NFT』を徹底解説!】NFTのメリットは?将来性は?なぜ、NFTが“今”注目されているのか?


新しい時代の副業-Space Trade

ビジネスカテゴリの最新記事