『鉄腕アトム NFT』販売開始1時間で完売!

『鉄腕アトム NFT』販売開始1時間で完売!

double jump.tokyo株式会社(DJT)は14日、株式会社手塚プロダクション初の公式NFTプロジェクトのジェネレーティブアートNFT「鉄腕アトム」が約1時間で完売したことを発表しました。

鉄腕アトムNFTが1時間で完売

13日に、手塚プロダクションのNFTプロジェクト『From the Fragments of Tezuka Osamu(手塚治虫のかけらたちより)』のシリーズ第1弾として、『鉄腕アトム』のジェネレーティブアートNFTのチャリティー販売・オークションが開始されました。

チャリティー販売・オークションの開始からわずか1時間ほどで、0.08ETH(約35,000円)/個で販売された1,000個のNFTが完売した。

NFT市場に参入する手塚プロダクション

今回のNFTプロジェクトは、2021年9月に、手塚プロダクションは、手塚治虫氏の大人気漫画『鉄腕アトム』の漫画原稿を使用した、デジタルモザイクアートNFT(非代替性トークン)を制作したことを発表したことが始まりです。

販売方法はオークションとし、以降は様々な手塚治虫作品をテーマに、NFTアート作品を順次リリースしていく予定でした。

今回のNFTだけでなく、同プロダクションは2019年12月に、double jump.tokyo株式会社(DJT)が開発・運営する国内ブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』とコラボしています。

ゲーム内では、人気キャラクターの『鉄腕アトム』『ブッダ』『猿田彦』『火の鳥』などがマイクリのNFTとして登場しています。

今回のNFTプロジェクトもdouble jump.tokyo株式会社(DJT)が支援に携わるかたちで実現しました。


NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

関連▶️【話題の『NFT』を徹底解説!】NFTのメリットは?将来性は?なぜ、NFTが“今”注目されているのか?


◆Coinpost・EDLEAD社共催イベントで先行公開

また、暗号資産メディア『CoinPost』と国際映像製作スタジオ『NOMA』を率いるEDLEAD社共催の”NFTの今と未来”を体感できるイベント『NFT WEEKS TOKYOにて、第1弾『鉄腕アトム』のほか、『ブラック・ジャック』『火の鳥』の未公開モザイクアートNFTが13日より2日間限定で先行公開されています。

本イベントでは、15日から世界に1つしかないモザイクアートNFT『鉄腕アトム』のオークション販売を予定しており、NFTに興味がある人は注目のイベントになっています。

◆迫力満点のモザイクアートNFT

モザイクアートNFTは、カラー原画840枚で作成された背景と『鉄腕アトム』のキャラクターで構成されています。

さらに、『鉄腕アトム』のキャラクターには、手塚治虫作品の4,000枚以上の白黒漫画原稿を4万点以上の断片にカットし、モザイク素材として配置しており、それらを組み合わせることで迫力のある絵になっています。

昭和の時代を生きてきた人には非常に魅力的に写るのではないでしょうか。
手塚治虫ファンやコレクターであれば、もともとNFTに興味がなかった人でも、欲しくなる作品かもしれませんね。

NBAのトレーディングカードが登場した際もそうですが、もともとNFTに興味がなかった人でも、自分の好きなジャンルのNFTが登場することによって興味を持ち、購入するという流れがありました。

今後も、アニメや漫画など様々な作品でNFTを使ったプロジェクトは増えていくと思います。
NFT市場はさらに広がっていきそうですね。

boy in virtual reality helmet playing joystick
関連▶️【話題の『NFT』を徹底解説!】NFTのメリットは?将来性は?なぜ、NFTが“今”注目されているのか?

ビジネスカテゴリの最新記事