人気コミックス『ULTRAMAN』がメタバースへ進出!

人気コミックス『ULTRAMAN』がメタバースへ進出!
ノーボーダーズは12日、『ULTRAMAN』のNFTについてメタバースへの進出を発表。

エンターテイメントテクノロジー企業NOBORDER.z FZE(ノーボーダーズ)は12日、株式会社ヒーローズの人気コミックス『ULTRAMAN』のNFT(非代替性トークン)について、NFTゲーム化とメタバースでの展開を発表しました。

ULTRAMAN NFT for Twitter.

ULTRAMAN NFT

人気コミックスのULTRAMANシリーズは、1966年に公開された円谷プロダクション製作の特撮テレビドラマ『ウルトラマン』のその後を描く作品です。

そんな『ULTRAMANシリーズ』は、2019年からストリーミング大手のNetflixで配信が開始され、世界192か国以上にファンを有しています。
2022年春からはシーズン2も配信される予定で、今や日本にのみならず世界中のファンを魅了しています。

また、今回の発表により、このULTRAMANのNFTを利用して、NFTトレーディングカードゲーム『NFT DUEL』の中で遊べるようになることが分かりました。

日本中の男の子が憧れていたあの『ウルトラマン』が漫画にテイストを変え、さらには、NFT化やメタバースへの進出など、時代が変わっても、変わらず多くのファンを魅了しているのは、とても感慨深いものがあります。


NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。
ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️【話題の『NFT』を徹底解説!】NFTのメリットは?将来性は?なぜ、NFTが“今”注目されているのか?


ULTRAMAN NFT

◆メタバースでアバターを使って交流や対戦

NFT DUEL』とは、トレーディングカードにNFTの技術を応用し、ユーザーにカードの所有権を付与して、グローバル市場でトレードできることを可能にした話題のゲームです。
そこでは、ユーザーのアバターが仮想空間であるメタバースを動き回り、他のユーザーと交流したり、対戦したりすることができます。

NFTDuel is Metaverse based NFTs trading Card GameFi.

リリースは2022年の第1四半期を予定。
特定の主人公は持たずに、様々なアニメ、ゲーム、漫画、アーティストなどをモチーフとしたトレーディングカードNFTを活用することも大きな特徴の一つです。


メタバースとは

インターネット上に構築された多人数参加型の3Dバーチャル世界の総称。
ゲームや音楽のライブ、オンラインカンファレンスなど、アバターを使って様々な楽しみ方ができる。

▶️メタバースとは?具体例も合わせて徹底解説!


◆NFTマーケットプレイス『XANALIA』

一連のNFTは、ノーボーダーズが開発するNFTマーケットプレース『XANALIA(ザナリア)』より発売されます。
同社が開発するメタバース『XANA(ザナ)』においてもアバターをはじめ様々な展開が予定されているそう。

ザナリアは、7月に世界取引高ランキング8位となり、日本で『期待のNFTマーケットプレイス第1位』を獲得するなど、世界的に注目を集めているNFTマーケットプレイスです。

NOBORDER.zが開発し、XANALIA Limitedが運営を行っています。

ブロックチェーン市場における成長分野の
①NFT
②メタバースとの連動
③DeFi(分散型金融)モデル
を特徴とし、ローンチ後わずか1ヶ月で希薄化後潜在時価総額が14 億ドル(約1650 億円)を超えたことでも話題となりました。

現在は、株式会社ポニーキャニオンプランニング、株式会社フジランド、株式会社フジクリエイティブコーポレーションと共に、世界のクリエイターを発掘支援するための『XANALIA NFTART AWARDS 2021』を開催中です。

ULTRAMAN NFT

投資カテゴリの最新記事