【話題の『NFT』を徹底解説!】NFTのメリットは?将来性は?なぜ、NFTが“今”注目されているのか?

【話題の『NFT』を徹底解説!】NFTのメリットは?将来性は?なぜ、NFTが“今”注目されているのか?

2021年3月。「Twitter」社の共同創設者として知られるジャック・ドーシー氏による初めてのツイートが、NFTを通じて約291万ドル、日本円にしておよそ3億1500万円もの価格で販売されました。
これまでも、2017年、2020年にNFTのブームがあり、2021年に入ってからは国内外で過去最大の盛り上がりを見せています。

なぜ、NFTがここまでの盛り上がりを見せているのか、NFTの歴史やメリット・デメリットなどを徹底的に解説していきます。

focus photo of super mario luigi and yoshi figurines
Photo by Pixabay on Pexels.com

NFTとは?

NFT(Non Fungible Token)を直訳すると、『代替不可能なトークン』です。トークンとは、暗号資産やNFTなどのブロックチェーンによって生み出されたデジタルデータのことを指します。
そして、このブロックチェーンの技術により、従来コピーや改ざんが容易だったデジタルデータに唯一性を持たせることが可能となりましたNFTは、この機能を通貨以外のデジタルアートやゲーム、漫画、音楽などに応用しています。

また、NFTは、発行者や取引が記録される事によって、プラットフォームに必要以上に搾取されず、発行者の権利や利益を確保できる点も大きな特徴の一つです。例えば、アーティストが美術作品や音楽などを売ろうとすると、現実世界では、プラットフォーム側が儲かり、二次流通の際には、収益がアーティストに入る事はほとんどありません。

一方、ネット上でNFTトークンとして制作すれば、本来不明瞭であったデジタルコンテンツに明確な権利が生まるため、作品そのものの価値やアーティストの収益などを確保しやすくなります。

NFTは、資産としても注目されていますが、アーティストと作品の価値を守るという観点からも非常に注目を集めています。

photo of woman writing on tablet computer while using laptop
Photo by Anthony Shkraba on Pexels.com

NFTの歴史とブーム

◆NFT規格の誕生:2017年

Ethereumブロックチェーンが最初のNFT規格(ERC-721)を生み出しました。これにより、今までコピーや改ざんが可能だったデジタル上のデータに唯一性を持たせることが可能となりました。

◆NFT最初のブーム『Cryptkitties』:2017年

ERC-721の開発後に最初に大きな話題となったのが『Cryptkitties』です。このゲームはDapper Labs社が開発して2017年の11月にローンチしました。ETHで、ゲーム内のマーケットプレイスでキャラクターを購入し、自分が持つキャラクター同士を交配させることで、新しいキャラクターを生み出すことが可能です。

マーケットプレイス上では、常にキャラクターの価値が変動し、希少なキャラクターを持っていれば高値で売ることが可能です。このゲームでは『ドラゴン』と名付けられた猫1匹が600ETH(当時約1900万円)で売買されるなど、話題となりました。

◆NBAを舞台としたNFTカードゲーム『NBA Top Shot』が登場:2020年

NBA Top ShotはNBAの試合の名シーンを、NFTのモーメントとしてマーケット上で売買できるバーチャルトレーディングカードゲームです。このNBAを舞台としたNFTが登場したことによって、従来のNFTやブロックチェーンに関心の高いユーザーだけでなく、スポーツカードコレクターや一般のNBAファンもNFTに参入し、ユーザー数は急増しました。

現在では、サッカーやその他のスポーツでも同様のバーチャルカードゲームが登場しており、スポーツ業界をNFTに巻き込んだ火付け役と言えるでしょう。

◆Twitterの“初ツイート”が約3億円で売買される:2021年

2021年3月。「Twitter」社の共同創設者として知られるジャック・ドーシー氏による初めてのツイートが、NFTを通じて約291万ドル、日本円にしておよそ3億1500万円もの価格で販売されました。また、2021年に入ってからは、国内外で急速に注目を集めています。

man people art desk
Photo by Nathan J Hilton on Pexels.com

NFTのメリット:なぜ、注目されているのか?

◆NFTの代名詞『代替不可能』がもたらす“唯一性”

前述した通り、NFTはブロックチェーン上で所有者と権利者の情報を記録されているため、作成するデータに対して“唯一性”を証明することができます。言い換えるなら、データであっても現物の絵画や宝石などと同じようにコピーや改ざんができない、一点物を作成することが可能ということになります。

もし、データの改ざんを試みる場合には、NFTの情報が共有されている端末すべてのデータを編集する必要があります。
そのため、従来の中央集権型のデータ管理体制よりも、データの改ざんが現状困難ということになります。

また、コピーをしようとしても、NFT自体をスクリーンショットはできますが、所有者と権利者の情報までは複製できません。
つまり、コピーしたデータそのものに価値はなく、唯一、所有権の情報があるNFTが一点物の価値を持つということになります。現実世界で言う鑑定書などの役割を果たすと考えると分かりやすいと思います。

この“唯一性”こそがNFTそのものの希少価値を高めてくれています。
そのため、NFTには資産としての価値もあると考え、アートとしてだけではなく、“新しい資産”として保有する人も増えています。

◆NFTは参入ハードルが低い

NFTは誰でも簡単に作ることができます。自作のデジタルアートやゲームデータをマーケットプレイスに出品できるので、制作者側の参入ハードルも低いと言えます。現に、世界中の人々がNFTに興味を持ち、自作のNFTを出品し続けています。

また、NFTはブロックチェーンによって管理されているため、ビットコインなどの暗号資産と同じように所有するNFTは自由に取引することが可能です。また、多くのNFTは共通の規格(ERC-721)で発行されているため、この規格に準ずるウォレットやマーケットプレイスであれば、原則どこでも取引が可能です。

“アート”と聞くと、オークションや個展、美術館といった少しクローズドな世界をイメージする人も多いですが、デジタル上に作成されているNFTは、どこからでも誰でも簡単に参入することができます。新しい“アート”のかたちとも言えます。

◆NFTに付加機能を加えるプログラマビリティ

NFTには、様々な設定や条件をプログラムすることで、データに付加価値を与えられるをプログラマビリティという性質があります。このプログラマビリティを利用することで、NFTの権利者は2次流通時の手数料や取引数量の制限などを事前にプログラムすることが可能です。

つまり、作品が権利者の手を離れた後に、「所有者が売買する時、購入代金の一部が権利者に振り込まれる」という仕組みを作れるということです。

NFTのプログラマビリティは、アート業界で問題となっていた二次流通時のプラットフォーム側だけが儲かり、制作者側に収益がほとんど入らないという問題を解決してくれました。
よって、NFTは、アーティストやクリエイターにとって大きなメリットをもたらす可能性を持っています。

◆NFTの市場規模は拡大している

『NFT』というワードが米メディアに頻繁に登場するようになったは2021年の3月頃です。それから少し時間が経った7月あたりからNFT市場は拡大していきました。
DappRadarの最新市場レポートによると、7~9月期のNFT取引高は、106億7000万ドル(約1兆1945億円)と前期(4~6月)比で704%増と脅威的な伸びを見せました。
また、7~9月期の取引高を前年同期と比べると3万8060%増となります。

ここ数ヶ月で驚異的に市場を広げているNFTですが、DappRadarの推計によると、9月時点のNFT市場の合計時価総額は141億9000万ドル(約1兆5885億円)にのぼります。
この額は、各マーケットプレイスで取り引きされているNFTのうち、価格が高いトップ100の合計値ですので、今後さらに拡大していくことが予測できます。

また、現在のNFT市場はゲームやアートが中心となっていますが、他の業界にも市場を広げていくことが予測されています。すでに、NFTが活用されている業界は、スポーツ業界、音楽業界、アニメ業界、不動産業界など多岐に渡っています。

art graffiti illustration man
Photo by Picography on Pexels.com

NFTのデメリットと課題

◆法的な整備が後追いになっている

NFTは、暗号資産同様に、近年、急速に発展した市場です。そのため、法的な整備が実態を追いかけている現状にあります。
仮に、法的なトラブルに発展した際には、NFTが持つ所有権の取扱をめぐって法廷で論争が起きる可能性も十分にありえます。

NFTに関しては、政府も前向きに推進してはいますが、法的な整備などはまだまだこれからです。
随時、最新情報をチェックしておいた方が良いでしょう。

◆手数料(ガス代)が上昇しやすい

NFTには、ガス代と呼ばれる手数料が発生します。この手数料(ガス代)は、NFTの権利者が自由に設定できるため、需要が高まるほど高騰しやすい仕組みとなっています。手数料(ガス代)は、ユーザーがNFTを取引する際に足かせになりやすいと言えます。

ただ、すでに対策はあり、オフチェーンという仕組みを採用しているプラットフォームであればガス代が発生しないようになっています。
ちなみに、日本の代表的なマーケットプレイスの『Coincheck NFT』は、オフチェーンを採用しています。

◆著作権は保護されない

NFTは、代替不可能という大きな特徴があり、ブロックチェーンでデータを管理しているため、改ざんやコピーが困難であるということを説明してきました。ただ、よく混同される人も多いのですが、NFTには『著作権保護』の機能はありません。

NFTが担保しているのは、「マーケットプレイス間でどう取り引きされたのか」という来歴だけです。つまり、NFTが「そのデジタルコンテンツが本物である証明」でもなければ、「デジタルコンテンツが偽造されることを防ぐ」こともできないということです。  

もし、著作権保護が必要なのであれば、現状は、著作権保護技術の組み込まれたサービスが必須です。

NFTという新しい選択肢

◆NFTは今後のビジネス展開に注目

NFTは、現在のところ主にゲーム分野での活躍が目立っていますが、スポーツ業界や音楽業界、不動産、会員権といった分野でも活用され始めています。また、Twitterのツイートのように「えっ」と、予想もしないものがNFTの対象になる可能性もあります。
そのため、既存の市場の発展と合わせて、NFTの対象拡大による市場の成長も見込めます。

今後のビジネス展開としては、NFTの代替不可能という大きな特徴を生かし、所有権証明や身分証明が必要な分野、著作権やアートの分野で、実用化がさらに進んでいくことが予測されています。
このように、あらゆる産業のデジタル化、簡素化を実現する技術として、NFTは多くのビジネス領域で活用されることになるでしょう。

また、参入ハードルの低さから一般ユーザーへの普及も一気に広がり、NFTの対象がさらに拡大していくでしょう。

◆イーサリアム(ETH)の価格が影響

NFTの多くは、イーサリアム(ETH)のブロックチェーン上で構築されています。イーサリアム(ETH)は暗号資産の中でもビットコインに次ぐ時価総額を持ち、投資家からも人気があります。

NFTとイーサリアム(ETH)は、関係性が強いため、イーサリアム(ETH)の動向や価格変動がNFTの価格にも影響を与える可能性が十分にあります。反対に、EFTのビジネス展開、NFT市場の成長が進めばイーサリアム(ETH)の価格上昇に貢献する可能性もあります。

NFT自体が基本的にイーサリアム(ETH)で売買されていますので、NFTの将来性を考えるならイーサリアム(ETH)の将来性も重要になってくるでしょう。

sign industry internet metal
Photo by Jievani on Pexels.com

まとめ

NFTは、今年大きな盛り上がりをみせました。現在は、ゲーム業界やアート業界が中心となっていますが、NFTの代替不可能な特徴は、不動産や会員権など全く異なるジャンルでも活用されることになるでしょう。今後のNFTのビジネス展開には、非常に注目です。

また、こうしたNFTの将来性から新たな資産として、NFTを保有する投資家も増えています。NFTの多くは、イーサリアム(ETH)のブロックチェーン上で構築されているため、イーサリアム(ETH)をはじめとする暗号資産とも関係性が強いです。

近年、暗号資産も投資対象としての人気ですので、暗号資産の人気の高まりとともに、NFTの需要も増えていくのではないでしょうか。もちろん、投資にはリスクが伴いますので、自分の許容範囲で取引をすることをおすすめします。まずは、興味のあるゲームやスポーツにちなんだNFTから始めても良いですし、アートとして楽しむのも良いでしょう。

NFTがこれからどんな展開をみせていくのか、非常に注目です。

参考文献

【NFT狂想曲】なぜ、小学3年生の夏休みの自由研究に380万円の価値がついたのか(Yahoo!ニュース)
https://news.yahoo.co.jp/articles/cb84236e06a24e65164b8b9e047694582024a7ba

デジタルアートが75億円、NFT作品としては過去最高の落札額(coindesk JAPAN)
https://www.coindeskjapan.com/102139/

ビープル新作NFT、クリスティーズで約32億円で落札。NFTアート史上2番目の高額(Yahoo!ニュース)
https://news.yahoo.co.jp/articles/053de43a3d2bc1d51c7dcb5ffbb2c027b5a335a6

スポーツNFTのDapper Labsが約275億円を調達、評価額は8300億円超(coindesk JAPAN)
https://www.coindeskjapan.com/123453/

ドーシー氏のツイート、3億円超で落札──イーロン・マスク氏はNFT売却を中止か(coindesk JAPAN)
https://www.coindeskjapan.com/103325/

boy in virtual reality helmet playing joystick
Photo by Erik Mclean on Pexels.com

ビジネスカテゴリの最新記事