やっぱり基本が大事?プロも実践する最強の投資手法がこれ!

やっぱり基本が大事?プロも実践する最強の投資手法がこれ!

投資の基本は『長期・分散・積立』

投資の基本は、長期的に分散しながらコツコツ積み立てていくことです。積立投資は、初心者向けの手法だと言われることもありますが、投資歴が長い方でも『長期・分散・積立』の基本に忠実な方は多くいらっしゃいます。

やはり、どんなことにおいても”基本”は侮れません。

今回は、投資の基本『長期・分散・積立』について解説していきます。

長期投資で複利の力を味方につける

Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

投資は資本主義

投資は資本主義です。資金があればあるほど、大きなリターンを出すことができます。

例えば、元本100万円で年利10%のパフォーマンスを出せれば、年間利益は10万円になります。これがもし、元本が1億円だったら、年利10%のパフォーマンスで年間利益は1,000万円に。仮に、パフォーマンスが年間1%だったとしても、100万円の利益が出ている計算になります。

これが資本主義と言われる理由です。

では、資金がない人は投資しても意味がないかと言われると、そうでもありません。資金がなくても投資はできますし、この資金不足という課題を解決することができるのが長期投資なのです。

長期投資で資金不足をカバー

長期間、投資を続けることによって、最終的には大きな元本となります。例えば、毎月5万円を25年間積み立てると、元本総額は1,500万円になります。今すぐ、大きな資金を用意できない方は、長期的な視点で投資を始めましょう。

また、長期投資の最大のメリットは複利効果にあります。複利とは、「元本とその元本につく利息の両方に、新たな利息がつくこと」です。つまり、時間をかければかけるほど、リターンが雪だるま式に増えていくということです。

アインシュタインは、この複利の力を「人類最大の発明である」とも表現しています。それだけ、複利の力は大きく、投資において複利の力を味方につけることは最優先で考えていくべきでしょう。

投資のリスク管理は『分散』が鍵

最もポピュラーな分散は、複数の商品をもつこと

投資における分散には、様々な種類があります。中でも、「種類」と「時間」の分散はおさえておきましょう。「種類」の分散とは、金融商品を複数持つということです。

例えば、一つの企業に投資をしていたとします。仮に、その投資先の企業が倒産してしまった場合、投資したお金は返ってきません。もし、複数の企業に投資していたら、一つの企業が倒産しても、マイナスになることはあっても資金がなくなることはありません。むしろ、他の企業が伸びていれば、プラスになる可能性もあります。

そこで、初心者におすすめするのが投資信託(ファンド)です。
投資信託(ファンド)は、資産運用のプロが複数の投資家からお金を集め、集まったお金をいろいろな投資商品に投資して運用してくれる仕組みのことです。少額から始めることもできるため心理的負担も軽く、プロが投資先を選定してくれるので、運用が簡単です。

時間の分散を知れば、下落相場がチャンスに

時間を分散する理由は、常に相場が変動しているからです。プロでもこの相場を読むのは非常に難しいと言われています。

そこでおすすめな手法が「ドルコスト平均法」です。ドルコスト平均法とは、相場の変動を無視して、毎月、同じ日に、毎月、同じ金額を購入する手法です。その特徴は次の通りです。
・相場が安い時には多く買える(割安な株をたくさん購入できる)
・相場が高い時には少なく買える(割高な株は少ししか買わないで済む)

ドルコスト平均法

つまり、最終的におおよそ相場の平均値で購入できるので、高値づかみ(相場が最も高い時に銘柄を購入し、その後値下がりしてしまうこと)のリスクを軽減することができます。

長期・分散・積立でプロ並みの成果がでる

投資の基本『長期・分散・積立』の『長期・分散』を理解したら、後は積み立て続けつだけです。毎月、同じ日に、毎月、同じ金額を積み立ていけば、投資初心者でもプロ並みの成果を出すことも可能です。

「継続は力なり」
この言葉を投資では合言葉にしましょう。資金が多くない方は、長期投資を前提として20年~30年と積み立て続けていくことが重要です。そのためにも、ライフイベントを洗い出してみたり、ライフプランを練ったりすることも効果的です。

まとめ

基本が大事。これに尽きると思います。少し上手くいったからと言って、一括投資してみたり、パフォーマンスが上がらないから簡単に取り崩ししてみたりしていると、思ったようなパフォーマンスは出せません。基本を侮っていては、成功できるものも成功できなくなってしまうかもしれません。

投資の基本は『長期・分散・積立』です。基本を守り、より充実した投資ライフを送っていきましょう!

Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

カテゴリの最新記事